【シージ】攻撃と防衛オペ5人は誰をピックする?〜防衛オペ編〜

どうもアルファパックのために貯めていた名声ですが、なんだかんだ貯めたのがなくなるのが嫌でまだあんまり回してないメア時々タカです。

 

今回は【シージ】攻撃と防衛オペ5人は誰をピックする?〜攻撃オペ編〜に続き、防衛オペ編をやっていこうと思います。

 

【1人目】補強壁を壊されないようにするオペレーター

攻撃同様マップや防衛ポイントによりますが、攻撃が壊したいという事は防衛は壊されたくないという場所があるはずです。なのでテルミットが選ばれやすい所はほぼ必ずバンディットやミュートが必要になります。

バンディットであれば、ヒートチャージを破壊出来るので、(餅つきする必要があります。ビリビリしてる所にそのまま貼る人は稀です・・・w)無効化する事が出来ます。しかし民家のガレージやファベーラ(ファベーラは元々補強が足りない場合あり)ではショックワイヤーが1枚に対して1個しか付ける事が出来ないため、足りません。

さらにバンディットは唯一、有刺鉄線を3つ持てるという利点もあります。

そうなるとミュート。ミュートであれば1個のシグナルディスラプターで3枚まで効果を発揮します。しかしミュートのシグナルディスラプターだとヒートチャージが起動できないだけで破壊は出来ません。しかしミュートはドローンで索敵をさせない、最悪の場合窓近くに置いてフューズ対策など幅広いです。

そのため、バンディットがいたとしてもミュートはかなり防衛を強化出来るので両方ピックするのもありです。

 

【2人目】投げ物を潰す必須とも言えるオペレーター「イェーガー」

イェーガーの強みは「銃」です。防衛でイェーガーのみ攻撃オペレーター同程度の強さを誇るアサルトライフルを持っており、防衛には少ないACOGが装備出来ます。さらにアーマー1ですが、足が3なので動き回る事も出来ます。そのため、単純に撃ち合いが強いです。

さらにイェーガーのアクティブディフェンスシステムは投げ物を2個まで無効化出来るのを最大3個おけるので適切な場所に設置しておけばグレネードやスタンで潰されにくくなります。アッシュのブリーチング弾にも効果ありです。

さらに有刺鉄線を2つ持っている事から考えると、攻撃的な防衛オペレーターとしてイェーガーは必須ピックと言っても良いでしょう。

 

【3人目】防衛の得る情報を増やせるオペレーター

ここから必須ではないですが、いると嬉しいオペレーターを紹介していきます。定点カメラはかなりの確率ですぐ壊されてしまうので試合後半ではほぼ使い物にならなくなってしまいます。そのため防衛側は音や目視(危険ですが)で情報を得る必要が出てきます。

そんな時にヴァルキリーカメラを設置しておけば、壊されてしまえばそこまでですが、試合後半まで情報源として非常に活躍します。さらに外にカメラを設置してあればラペリングや外からの敵を把握し、敵の情報を得る事が出来ます。

そのためヴァルキリーがいるといないとでは情報を得るという点で考えるとかなり差が出るのと、防衛オペレーターは攻撃オペレーターに比べて銃が比較的弱いため、ヴァルキリーがいて情報を得て先に撃てるような環境を作っていると勝ちやすいでしょう。

※ヴァルキリーのカメラはバレて壊されるとかなり情報がへってしまうため、残り30秒以下程度の時間以外では赤ピンはたてないようにしましょう。

さらにパーティーでなくとも黃ピンでなんとかなりますが、パーティーであればパルスでも良いでしょう。パルスなら近距離ではありますが、ヴァルキリーと違い死角にいても敵を察知する事が出来ます。そのため味方によりリアルタイムで有益な情報を与えてあげる事が出来ます。

 

【4人目】時間稼ぎが出来るオペレーター

1番はスモーク。スモークの遠隔ガスグレネードは相手の体力が減っていたり、時間が迫ってきた試合後半に使ってあげると非常に役立ちます。時間ギリギリで侵入してきそうなドアや窓、さらに爆弾ではディフューザー設置しそうな近くで起爆してあげると敵が入ってこれないという状況を作り出せます。

次に考えれるのがミラ。3人目にも含まれますが、攻撃側からするとミラ窓があるだけで、後ろにオペレーターがいなくとも見られているのではないかという心理を働かせ、侵入を躊躇させる事が出来ます。そのためミラは大いに時間稼ぎが出来ますし、上手く貼ればキルも狙えます。

さらにキャッスル。キャッスルも後半に1枚くらい残しておくと相手にブリーチング出来るキャラがいなくなった時、潜入経路を減らしたり、単純に普通に貼っても時間稼ぎ、場合によっては脅威であるグレネードを使わせる事が出来るようになります。

 

【5人目】相手に合わせた自由にオペレーターを選ぶ自由枠

攻撃オペレーター同様、防衛オペレーターも5人目は自由枠になるかなと考えます。

まずルーク。撃ち合いが弱い防衛オペレーターにとってはアーマーがあるないで撃ち合いの勝率が変わってきます。しかしヘッドショットを抜かれるとそれまでなので、ルークがいるかいらないかは賛否両論ありそうです。

続いて1人目、3人目、4人目の追加補充。ミュートであればドローンを塞ぎ、攻撃オペレーターの情報を減らせます。さらにヴァルキリーやパルスでは情報をさらに追加する事が出来るので優位に防衛を出来るでしょう。さらに時間稼ぎのオペレーターを増やせば、相手のガジェットを使わせたり、時間を使わせて、時間ギリギリに突入せざるを得ない状況を作り出せます。

3人目と4人目に属すであろうエコー。エコーは防衛側でドローンを使えるという利点があります。さらにソニックバーストで敵の足止めやディフューザー設置阻止など多彩です。さらに1方向をドローン、もう1方を自分で抑えるといった2方向抑える事も出来ます。なのでその補充でも良いでしょう。

その他、凸防止や時間稼ぎ、相手の注意不足にトドメをさすカプカンやフロスト、尋問が決まれば大逆転もありのカベイラなどでも良いでしょう。

補足として有刺鉄線とインパクトグレネード

有刺鉄線は防衛側において必須と言えるガジェットです。あるとないとでは勝率にかなり影響するはずです。そのため、有刺鉄線は仲間のガジェットを確認しつつですが、出来るだけ持っていきましょう。

さらにインパクトグレネード。インパクトグレネードは壁に穴を開けたり(もし持っていてここでニトロセルを使うともったいない)キルしそこなったオペレーターをキルしたりなど使い方が多彩なので、防衛ポイントによってはインパクトグレネードを持っていった方が守りやすいポイントもあります。

 

防衛オペレーター5人を選んでより強固な防衛ポイントを作り出しましょう!

防衛オペレーターの5人だれをピックすればいいのかというのをご紹介しました。こうなると5人はこんな感じかなという感じです!

  • バンディットorミュートor
  • イェーガー
  • ヴァルキリーorパルス
  • スモークorミラorキャッスル
  • 自由枠

攻撃オペレーターより防衛オペレーターの方が選択肢の幅が広く、ピックが難しいです。人それぞれ考えは違うので、こちらを参考程度にしてみて下さい!さらにこれから新オペが出てきたらまた変わってくるでしょう!

攻撃オペレーター編も合わせて見て頂けると、攻撃側ではなにを考えるのか、そして攻撃側でそう考えるという事は防衛はそれを邪魔すればいいという考えにもなるのでよりわかりやすいです。

 

ではでは

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA